読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのバンドが知りたい・・・ っていう方に向けたブログ

初めまして! アクセスありがとうございます ここでは管理人Chemicalが最近気になっているバンドの紹介や、ライブの情報を発信していくブログです。 このブログを通じて読者さんの音楽の幅がより広がればうれしく思います

ブログを立ち上げようと思ったわけ

こんにちは、管理人のChemicalです。

 

さて、前回アクセス結果の記事にも書いたようになんでブログを立ち上げたのかをつらつらと書いていこうと思います。

 

 

 (アクセス結果の記事は下↓) 

放置しまくってた結果のアクセスはどうなっていたんだろう、っていう記事 - あのバンドが知りたい・・・ っていう方に向けたブログ

 

端的に言えば、「音楽が好きだから」の一言に尽きます。

 

大学に入ってから音楽サークルに入って、自分が知らなかったバンドもたくさん知って、フェスにいったら知らないバンドがまたたくさんいて・・・・の繰り返しで、自分が知らないバンドなんて日本だけで見ても何万といるんだなぁ、って思ったのが始めでした。

 

 

で、大学入って初めてライブハウスというものにも行きました。

そこで、バンドの人と仲良くなっていろんな曲を聴いていくうちに、

「このバンドを知らない人はまだ日本にはたくさんいるんだなぁ」

って思うようになりました。

 

すごい自己中心的な考えですけど、「もっとバンドが有名になってほしいから何かできることはないか」って思ったときに立ち上げたのがこのブログです。

 

今活動しているバンドには「ファン」と言われる人たちがいて、ファンがそのバンドの曲を心のよりどころにしているからライブを見に行ったり、CDを買ったり、でバンドのことを応援しています。

 

だからライブハウスでよく「このバンドを聞いてくれてるファンがいるから自分たちは頑張れる」っていってる人が多いんだと思います。

 

ありきたりな話ですけど、音楽は「音を楽しむ」って書く以上、やっぱり楽しさはなるべく多くの人と共有したいものです。

 バンドも出演費を払ってまでライブに出演する理由は「有名になってお金を稼ぎたいから」っていうのもあるだろうけど、「もっとたくさんの人の前で演奏したい」っていう思いもあるはずです。(管理人の個人的な感想です)

 

 

だから今、活動できているバンドは少なくともファン、と呼ばれる人がいるから成り立つと思います。

 

 

 

 

 

では逆に、活動休止・解散してしまったバンドの場合はどうなるんでしょう、っていうのがこのブログの大きな理由の一つです。

 

もちろん俗にいう、音楽性の違いによって解散するバンドもいると思います。それは、また別のバンドを組んで音楽活動を続けることができるので今回の話はそこではないです。

 

バンドを続けたかったけど泣く泣く解散・休止してしまったバンド」

 

この理由のバンドもいると思います。

僕がブログを立ち上げた理由で一番大きいのはここにカテゴリーされるバンドの存在です。

 

出費と収入が見合わずに辞めてしまった、将来がこのままだと不安でやめてしまった・・・理由はいろいろあると思います。けど、その話の本質は「ファン」なんですよね。

 

応援してくれるファンがいれば頑張れる・・・

 

ファンがいれば夢を追い続けることができる・・・

 

 

だらだら長く書いてますけど、やっぱり音楽には演奏する側も必要ですけど、それを聞いてくれる「ファン」の存在も必要不可欠です。

 

たしかに1つの地域でみたらファンは少ないかもしれないですけど、これをもっと大きく「日本」で見てみたら解散しそう・休止しそうなバンドが好きなファンって絶対にいると思うんですよね。

 

僕は、その人が見つかる手助けをしたい、っていう思いでこのブログを作りました。

 

 

「いいバンドを見つけたけどもう解散してしまっていた」

 

 

っていう思いをしたことがこの記事を見てくれた人も感じたことがあるかもしれないです。

 

もっと早くそのバンドを知っていてファンになっていれば活動を続けていたかもしれない、ライブを生で見れたかもしれない、そんな思いを一人でもしないでいてくれたらうれしいな、って思います。

 

だから、僕は少しでもアクセスがあるならこのブログを続けてる意味はあるのかなって思って更新頻度は少ないですけど、できるだけ長く続けようと思います。

 

 

 

もっと世間に知ってほしい、有名になってほしいっていうバンドがいたら是非教えてください。責任もって一生懸命紹介させてもらいます。

広大なネットの中のはてなブログの中の弱小ブログですけど、このブログで紹介したバンドのファンが1人でも増えて、心のよりどころを一つでも増やしてもらえれば、僕はうれしい限りです。

 

 

以上、長くなりましたが僕がブログを立ち上げた理由についてでした。

頑張って更新します笑